« ぴらもの極楽生活 | トップページ | 狐笛で。 »

2011年1月10日 (月)

人見の『ひとみごと』

 
ちょろちょろちょろろ〜
…………
かっ! こぉ〜ん!
ちょろちょろちょろろ〜
♪つん!
てけてけてけてん♪
てん!
つくてけてけててん〜♪
ぴゃぁ〜らぁ〜♪
ぴゃぁららら〜あぁ〜♪
 
明けましておめでとうございます
本年もどおぞよろしくおねがい申し上げますm(_ _)m
はいっ
てなわけで
お正月らしく
厳か〜な雰囲気で始まりました
人見のひとみごとで〜す
(^-^)/
打打打団新春公演
『Genero』無事終わりましたね〜!
お越しいただいた皆様方ありがとうございます(^-^)/
私ブラバの舞台上高〜いところから見下ろさせて戴き
なんとも、
恐れおおいやら、
気持ちいいやら、
高いのでちょっと怖いやら、
いろんな気持ちが入り混じって、
始まってみるとあっという間!
落ちなくって良かった
(^o^;)
しかし太鼓の音ってほんっとデカい!
大迫力!
上演中もしかしたら僕が太鼓の一番近くにいてたよな気がします。
あの高台の上に出てない時は大太鼓のうらに待機していたのですから…。
ずうっと裏で聞いてると
なにか唄っているようにも聞こえ、
不思議〜な気持ちになりました。
打打打団の皆さん
いい音をありがとうございます。
m(_ _)m
佐和子先生、門取先生
こんな舞台に立たせていただき、ありがとうございます。
m(_ _)m
稽古中色々迷惑おかけしました。
またこれからも精進せねばと思う今日この頃…。
 
さて去年の大晦日僕がブログの最後を『さいならっきょ〜』で締めくくり、
ブログ書き上げた後先生宅へ、私、車だったのでアルコール一滴も摂取せず、
おかげで先生宅のお料理を存分に堪能したわけで…。ぼく数の子苦手だったのに、先生宅の数の子は美味しくてしっかりいただけた!感謝です!
おいしかったっす!
ご馳走さまです(*^_^*)
 
そしてその後自宅へ無事帰還。
紅白観て、ちょっと呑んでウダウダして、さあぼちぼち鐘鏑きにと大山崎観音様へ歩いて行くこと約15分ご〜ん!聞こえてきたぁ〜
ついたのが一時過ぎ。
 
長い石段を登ってるときもご〜ん!!
 
よし着いた!
 
あれ?
誰も並んでない、
 
係の人がかたずけているよ?
 
もうおわりですか?
 
はい。
 
ぼくの心ン中でご〜ん!
 
まぢ?去年はこの時間まだまだ途中だったはず!
 
もぉ百八つ終わったんですか?
 
はい。
 
ごぉぉ〜ん!!
 
なぜに!なぜにだ!
 
境内の御守り売り場のひとに尋ねてみると…。
去年の係のひとが風邪でダウン、変わりに急きょ代打できてもらった人がどうやらピッチが早く去年よりも早くすんでしまったそうで…。
僕のような鐘つけなかった人々が数名いました…。
ご〜ん!
ん?これはぼくの心のなかの音ではない!
確かに聞こえる鐘の声!
そうだ!
さらに歩いて約五分!
宝寺にも鐘がある!
そうだ目指すは宝島!
ぢゃなくて宝寺!
これまたキツい坂道をせっせとのぼってたどり着き、おや?
またも鐘楼のまわりに人がいない…。
無防備な感じ?
なんだ?こっちはこっちでこれまたどうよ?
 
さらに石段登って甘酒振る舞い場がありそこのおねぃさんに聞いてみた!
 
ご自由にどうぞ。
ご自由にって…。
 
数を数えなくてよいの?煩悩の数よ?
 
微妙な気分で賽銭置いて、やっとのことでごぉ〜ん!こ、これで一応三年連続鳴らせたぞ〜!
その問題の鐘がこちら!
『待宵の鐘』?
除夜の鐘とは違うの?
あとで聞いたらまあだいたいおんなじ事らしく
効力は同じなんでしょね。
良かった良かった!
さあ帰ろう
行きはきっつい上り坂が今度は帰りなので当然きっつい下り坂に…。
ちょっと小走り出したらドンドン加速していきどうにも止まらない!
まるで屋根の上のルパン三世状態…。
とっとっとっとっ
わわわわわわ〜! 
酔ってるし疲れてるからブレーキかける脚力もない!
『おっ兄ちゃん元気やなぁ』と声かけられたりしながら平地の90゜カーブをシューマッハのようなラインどりでクリヤー!
新年早々何やってんでしょねぇもぉ!
んで7時前に無理やり起きて『ひつはので』をあ、違う、『でつひのは』『はでつのひ』違〜う!
『は、つ、ひ、の、で』!『初日の出』を家の近くの広〜い畑のとこから激写
が冒頭の写メです!
さぶかった〜!
こんな年明けした私…
今年後厄なのですね!
出来るだけいいことたくさんありますよぉに!
合掌(`db´)       
 
てなわけで人見の『ひとみごと』でした〜
次回のぉブログびとはぁ
受付お手伝いありがとうございました〜の池田千絵嬢でございます〜(^-^)/
ではドロンいたしやす
m(_ _)m
 
 

|

« ぴらもの極楽生活 | トップページ | 狐笛で。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぴらもの極楽生活 | トップページ | 狐笛で。 »