« ごっめーん!レア種植村 レスカ前です。 | トップページ | ぴらもの極楽生活 »

2010年6月13日 (日)

レスじゅん レア種植村後です

先日大澤氏が、このブログにもアップしてましたが、
歌劇団のメンバーと打打打団のメンバーで、
先生のお家の庭の草取りに行ったんですよ。

みんなで一心不乱に、あらゆる草という草を伐採して、
「いや~スッキリした!」なんてな事を言っておりました。

ところが、佐和子先生のブログにこんな記事が…
02_2
「佐和子のささやき」
http://www.jiraiya.co.jp/sawako/cgi/diary.cgi

『留守中、打打打団、極楽歌劇団有志がお庭の草取りをしてくれていました。
ありがたいですね…隅々までていねいに、裏山から押し寄せる竹の群生も、
なかには門取が景観のため残しておいた竹まで…』

えっ?…
 
…………!?

なんですとーっ!!

そういえば、竹をたくさん切った記憶が…
すぐに先生に謝りのメールを…。
そしたら返信で、

『ちなみに、水仙の群生(早春に花を咲かせた)も
大胆にカットされてました(^_^;)』

…………!(゜Д゜)

なぬーッッ!!!

もう完全平謝りです。
無我の境地で群生と闘っていたため、
大事な花も切ってしまっていたようです…。
ホント、スミマセンでした~!

でも、これを糧に次回の草取りは、
もっといい結果を出せるよう頑張りたいと思います!
草木の手入れ、なかなか奥が深いです。日々勉強ですね。

てな訳で、月一お題「好きな俳優さん」は…

バカボンのパパ です!
04
素晴らしき「植木の技術、才能、情熱」に秀でた人です。
07_2
出来れば植木職人として、師事したいぐらいですね。

 

 

え?違う!?
庭師の話ではない??
あ、そう…

でも、アニメ「天才バカボン」は好きでしたねぇ~。
二作目の「元祖天才」は、完全なギャグアニメで、
子供心に面白かったんですが、大人になった今は、
一作目の方が面白く感じますね。
パパが、なんか温かくて可愛らしいく見えてくるんですよ。

ああいう、時代を超えても愛されるキャラクターになりたいですね。

 

さて、ぼちぼち真面目に「好きな俳優さん」実在編ですが、
たくさんいてるんですが、今日はその中でこの人を。

「ロベルト・ベニーニ」
03
イタリアの俳優さんです。
日本ではあまり馴染みがないかも知れませんが、
98年の映画『ライフ・イズ・ビューティフル』で、
監督・脚本・主演をしていた人と言えば分かりますかね?

『ライフ・イズ・ビューティフル』って、
第二次大戦の、ユダヤ人迫害を題材にした映画なんですよ。

でもそんな重たいテーマの映画やのに、
なんか明るい空気になるんですよ、この人が出てると。

心温まるというか、無邪気な子供心を残してるというか、
でも、哀愁漂う雰囲気をも合わせ持つというか…
なんとなくニヤリとしてしまう存在感があるんですよねぇ。
いろんな要素を持った、掴みどころのない俳優さんって思ってます。

そんな要素と雰囲気…
レスカも欲しいっすねぇ~!

では次回は、僕のセクシーさの源、
「トム・クルーズ」についてお話します。
まぁ気が向けばね…。

ということで、お次の人にバトンタッチ!走者は…

極楽の元祖セクシー女優 ぴらも です!

彼女のセクシーの源は本当に「愛染恭子」なのか!?
果たしてその真相はいかに? お楽しみに♪

|

« ごっめーん!レア種植村 レスカ前です。 | トップページ | ぴらもの極楽生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ごっめーん!レア種植村 レスカ前です。 | トップページ | ぴらもの極楽生活 »