« 人見の「ひとみごと」 | トップページ | ぴらもの極楽生活 »

2009年10月16日 (金)

東京日記で。

 
仕込みです〜♪
 
やや荷物が遅れ気味で、やることがないメンバーです…
 
 
 
 
あ カッパ娘 寝た(^_^;
 
 
 
むむむ…
 
「落語の国のプリンス」東京公演
ついに明日でございます。
 
よっしゃ!
 

|

« 人見の「ひとみごと」 | トップページ | ぴらもの極楽生活 »

コメント

東京公演、拝見しました。だいたいのお話はわかっているはずなのに、先月の大阪公演よりもたくさん感動してたくさん泣きました。演じるたびにより良いものにしていく、皆さんの情熱に頭が下がります。   平本さんの語りは落語家さんに転職できるんじゃないかって思うほど素晴らしかったです。       ちょっと話は変わるのですが“よたろう”って今でいう知的に障害のある人の事ですよね。実は私はそういう方々を支援する仕事を長いことしています。以前に比べたら制度等は整ってきていると思うのですが、人々の意識や理解が深まるのは難しい、と感じることがよくあります。地域の中で、まわりの人に理解されて“そのままでいいよ”と受け入れられて暮らすよたろうは障害を持った人々の理想に思えました。これってノーマライゼーションですよね。世の中の人があの長屋の人々のようだったら暮らしやすいでしょうね。錦織さんの“愛されるにふさわしいよたろう”に泣きました。名演です。    最後に、小久保さん、熱演後の疲れをみせない暖かな対応、ありがとうございました。

投稿: やよい | 2009年10月17日 (土) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人見の「ひとみごと」 | トップページ | ぴらもの極楽生活 »