« ぴらもの極楽生活 | トップページ | 突然の割り込みです。自称トップスターからのお知らせです。 »

2009年2月18日 (水)

高石アプラ大ホール

ハーイ、WILD WOODです。

15日高石アプラ大ホールの打打打団 天鼓のコンサートで、

ナレーションをしてきました。

ナレーション・・・

えー初の天鼓ナレーションと言うことで、

歌劇団の歴代メンバーに色々聞きましたが

むちゃくちゃ緊張すると言っていました。

まさしくそのとおりでした。

リハーサルでは1回目はセリフを噛んで、2回目はメンバーの名前を飛ばしました。

やば、やばい流れになっているのを感じながら本番です。

I’m スーパー アクター 考えるな感じるんだ 歩み続けろ 我も人なり彼も人なり

僕の出番前に自分に言い聞かせる言葉を唱え

いざ本番・・・・

だだーん結果は・・・

極度の緊張の中、無事ミスもなく終わりました。

あんなに緊張したのは久しぶりです。

言葉だけで相手に伝える難しさを実感しました。

また機会があれば、ん・・・・・・マンボ

代行レッスン

14日チェリーさんが急遽これなくなったので

僕が代わりに前日振りチェックとレッスンを頼まれまして、

振りぜんぜん覚えてない・・・急遽その夜、なんとか覚えました。

30人のジャジー達(ジャズダンサー)にチェリーさんの振りをレッスン、ちょっと気合を入れました。

でも、みんな、純粋に踊りが好きなのを感じました。

ジャンルは違うけど、ダンスが好きな気持ちは一緒です。

汗を流した楽しい時間。僕も純粋な気持ちになりました。

本番もGOODでした。これからも踊り続けて下さい。

Wood01

Wood02 Wood03

ワイルド チェリー、打打打団 天鼓、最高でした。

さすが、プロ、パワーをもらいました。

|

« ぴらもの極楽生活 | トップページ | 突然の割り込みです。自称トップスターからのお知らせです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぴらもの極楽生活 | トップページ | 突然の割り込みです。自称トップスターからのお知らせです。 »