« 蝶吉留守宅稽古レポート | トップページ | 衣笠です! »

2008年9月 9日 (火)

古き良き昭和

今年で戦後63年、俺がこの世に生をうけて42年、今年の夏も終りました。

戦後日本の復興のために、色んな産業のお陰で今の日本があると思います。

今の世の中は本当に便利になりました。しかし、無くした物も沢山あります。

 

これからの未来を作るのは今の子供たちです。

でも今のままで、はたしていいのかなー。

何か大切な物を忘れているような気がします。

 

大切な物。

 

僕の子供の頃を思い出すと、

お正月はコマを回したり、ビー玉やったり、

タコ上げしたり、餅つきしたり。

 

夏休みになれば、カブトムシを捕りにいったり、

川、海に泳ぎに行ったり。

又、友達と殴りあいの喧嘩をしたり。

 

要は子供の時に学ぶことはたくさんある、それをその時に学ばないかんのですよ。

 

子供には子供の仕事があるんですよ、

 

それは、外で遊ぶ事。

その遊びの中から色んなことを学ぶんですよ。

 

泣いたり、笑ったり、怒ったり、くやしがったり、喜んだり。

又、喧嘩でも、これ以上やったらアカンとか、それは、全て体が覚えてるんですよ。

 

餅つきだって、夏休みだって、子供のもんじゃないですか。

俺は古き良き昭和に生まれて良かったと思う。

 

今の子はゲーム、ゲーム、ゲーム、画面でしか遊べない。

又、塾、塾、塾。

 

それも、大切かもしれませんが、そうして頭でっかちになって、頭でしか物を考えなくなって、その子がそのまま大人なって、行き詰まった時に爆発してしまう。

 

頭でしか物を考えないから、人の痛み、悲しみ、思いやりが体でわからない。

だから自分の親を金属バットで殺したり、平気で人を刺したりしてしまう。

 

でも、全ての子供達や若者がそうだとはいってない。

 

それを教えてあげるのは僕達であり、その時代を生きてきた人やと思います。

 

僕はそう思いつつ、今の若者や子供に伝えていってるし、その義務があると思います。現にそう伝えてきた。

 

そうすることで、嫌な事件や犯罪が1つでも減る事を祈ります。

 

もちろん、十人十色、100人100色ですから、色んな考えがあると思います。

僕の考えが正しいとはもちろんいえませんが、でも、まだまだ日本はすてたもんじゃありませんよ。

 

きっとどこかで同じ考えを持っている人間がいるはずです。その人間が同じ思いを伝えていけば、何かがかわるはずですよ。

 

きっと僕はそう信じています。

 

この国しか持っていない、義理、人情を・・・そう祈りつつ、全ての人が幸せになりますように。

生きとし、生けるものは全てたおやかで、硬直するものは壊れやすく、力強いものは転げ落ちる。 

 

                  WILD  WOOD

|

« 蝶吉留守宅稽古レポート | トップページ | 衣笠です! »

コメント

私と同じ年齢…。です(*^_^*)


確かに子供の頃は外しか遊ぶものなかった。一応女の子なのでお人形遊びはしましたが…。泥んこになってた方が多かったかな?

それなのに大人になってゲームにハマりました…f^_^;

投稿: もつ屋の恵那ちゃん | 2008年9月 9日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蝶吉留守宅稽古レポート | トップページ | 衣笠です! »